読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログ始めました。

今さらはてなブログ始めました。
理由は男性声優について語ったり、現場に行った時の感想を書きたいからです。
どこの中学生女子だよって感じですが、文才も語彙力もセンスもない今年三十路頑張ります。

昔から、ほぼアニソン・キャラソン・アイドルソングしか聞かずに生きてきた人間ですが、声優オタク…いわゆる声豚になったのはついここ1~2年で…でも今日オタクと話してて改めて自分のルーツのアニソン・キャラソンについてきちんと残しておこう!と思ったので昔から私が好きだった曲について改めて書いてみます。

 

そもそも、アニソン・キャラソンは大きく2つに分類できるのかな、と私は思ってます。
それは『物語・キャラクターに寄り添った音楽』と『そうでない音楽』です。ただ、ここ最近台頭している『アイドルもの』についてはその境目が曖昧かな~と思います。だって、アイドルもののキャラクターのキャラソン=アイドルの○○くんが歌っている歌、なんだから別に物語にもキャラクターにも寄り添ってなくて問題ない、んだけどきちんと物語の中の音楽でもあって…まあ何書いてるかわかんなくなってきましたが、その大きく分けた2つの音楽、私はどちらも好きです。
キャラクターに寄り添ってるキャラソンは『THE・キャラソン』って感じがして好きだし、別にそのキャラクターが歌ってなくても問題ないよね?って曲は『○○くん(キャラ名)こんな歌歌うんだ…!』って感じがします。

 

これ、このキャラクターが歌ってなくても問題ないけどめっちゃ良い曲だな!の代表が大石秀一郎の『恋風』です。
私が高校・大学時代を捧げたテニスの王子様という素晴らしい作品は、キャラ人気に合わせガンガンキャラソンが出ましたが、多分大石秀一郎役の近藤さんが歌が歌が上手いという理由だけで、大して人気キャラでもない(すいません)大石に良曲がガンガンあてがわれました。その中でもこれは最高に爽やかで良い曲です。聞くと自分がとても純真な中学生女子に戻ったような気持ちになります。
あと、大石の曲だと『月の軌道』という曲も良い曲です。このタイトルは大石君の得意技「ムーンボレー」からきてるんだと思いますが、歌詞は全くテニスと関係ありません。でも、カッコイイからいいんです。

恋風~Windy day Mix~

恋風~Windy day Mix~

 

 なお大石君のゴールデンペアの相方で、私の愛する菊丸英二くんは大体ネタ曲担当でした。広樹は悪くないよ!!!!!

テニスの王子様だと、あと『恋の激ダサ絶頂!』が好きです。とりあえずキャラクターの決め台詞を曲名とグループ名に詰め込んでいるんですが、歌詞はぜんっぜんテニスに関係なくて最高です。歌いだしからサビで始まるキャッチーさとか、サビの最後でいきなり絶頂!(エクスタシー)とか叫びだすところも、意味不明でテニスの王子様らしくてとても良いです。

恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!

恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!

 

 これはキャラと割とリンクさせている曲ですが、鳳と宍戸の『Brandnew Days』は紛うことなきホモソングすぎて、当時の私に衝撃を与えました。鳳と宍戸に関しては、公式が大火事状態なのでいろんな燃料が腐女子に与えられ続けておりましたが、キャラソンでも素晴らしい燃料でした。
ちなみに100曲マラソンというイベントで生でこの曲を聴いたとき、鳳役の浪川さんの歌が…うん…すごくて…まじかよ…みたいな…。浪川さん頑張ってた!
余談ですがテニスの王子様のキャラソンには『BRAND NEW DAY』という曲があって、何故同じアニメでここまで曲名を被らせたのか問いただしたい気持ちになったのも良い思い出です。 

 

あとはテニスの王子様だと女性声優ですがリョーマ君の『Dreaming on the Radio』とか柳と仁王の『TRICK、FAKE、or TRUTH』が好きです。

 

テニスの王子様の楽曲について書いてたらもう疲れました。
また後日別ジャンルの曲についても書きます。

いつまで続くか見物のはてなブログ。頑張ります。