読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美男高校地球防衛部LOVE! LIVE!(2015.5.23)に行ってきました。

美男高校地球防衛部LOVE! LIVE!に行ってきました。実は初めてじゃないかってレベルで、ちゃんとアニメの円盤買って先行に応募しました。
と言うのも、私は人が歌って踊ってるのを見るのが大好きです。ジャニーズ、女子ドル、テニミュなどなど…ただ、声優の現場…とくにアニメのイベントなどは歌わないことが多いので…(まあ声優に歌とダンスを求めるなって話ですが)
しかし、このLOVE! LIVE!は最初から『LIVE』と名付けられているため、歌うことは明確、また既に別イベントで2曲歌って踊ったこともあったり、キャスト陣も「ダンスレッスンが」という話をしていたので、若手声優が歌って踊ってる姿が見られる!と大はしゃぎで申し込みをしたのでした。

内容はとにかく楽しかった、の一言に尽きるのですが、各セクション毎に特に印象に残ったとこと感想をつらつらと。

◼︎オープニング
どこから登場するのかオタクがザワザワする中、ステージ上に順番に出てきたメンバー一人一人にスポットライトが当たって登場
いつもの制服衣装で、絶対無敵☆fallin'love☆を歌って踊る
いつもの並び順(上手から西山、梅原、山本、白井、増田)で並んでサビダンスを踊るところで、全体を見ようと思って順番にダンスを見ていったらそれぞれすごく個性が出てて面白かった
西山さんは女子ドル、決めポーズの決め方が完全に女子ドル。梅原さんはやる気あるのかないのかよくわかんないけど、本当に運動神経良くないんだなって実感する感じ。山本さんは普通に踊れてて、安定感がある。安心安全。白井さんは申し訳ないけど見るたびに爆笑。増田さんは私の欲目か上手い。さすがテニミュ俳優。アレンジでキャラ感を出す余裕があり、結果的に結構くどめなダンス。梶山朝日を思い出したよ。
歌ったあと一人ずつ自己紹介するときに、マイク両手持ちで自己紹介する西山さんキャラブレゼロでした。
増田さんは今回のために新調したカチューシャをアピール。

◼︎名場面集
1曲終わって軽くトークしたとこで、早速名場面集。名場面集を始めるときの西山さんの切り出し方がとても唐突で面白かった。
「敵特集」「メンバーの選んだ名場面」「ラブシーン」という流れでしたが、メンバーの選んだ名場面の時点でBL臭が凄まじくて(もうどこを切り取ってもそんなアニメだからどうしようもないけど)それに対する和臣さんの反応が客と一緒だったから、多分あの人中身腐女子なんじゃないかって思ってる。
草津とのラブシーンで、リハの段階だとやり過ぎてしまい「ちょっと抑えようか」って言われた梅原さん。「ちょっとあれ臭が強すぎて」って梅原さんの口からBLを示唆する発言が出たことに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。イケメンにそんなこと考えさせて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかし、改めて切り取って見てみるとすげえアニメだなって実感。

◼︎ソロ
ソロ曲は山本→増田→西山→梅原→白井の順。
和臣さんは正統派アイドルみたいな。振り付けも可愛いし、ウォンさん迎えに行ってモフモフしてるのも可愛い。やっぱり安定感がある。
和臣さん終わったら、まあ次梅原だろうと思ってキンブレ青に変えてたら、増田のシルエットがステージ上に見えてわーっとなってそこから正直覚えてないです。自分こんなに増田のこと好きだったのかってビックリするぐらい「ぎゃー増田アァァァ!カッコいい!!」って叫んでた。自分の新たな一面を発見したソロでした。内容もダンスも本当にびっくりするほど覚えてない。
次が、ステージ上の上段にスタンドマイクで登場の西山さん。スタンドマイクだけど超女子ドル。例えるならAKBのてもでもの涙…西山ゆきりん説。一挙手一投足が、なんかこう女子ドルなんですよ、顔傾げる感じとか、手の動かし方とか、マイク両手で持つ感じとか。
次は梅原さん。ソロ5曲の中で一番好きだったので非常に楽しみにしていたのですが、なんか凄かったです。歌も踊り(ってほどでもない手振りですが)もたどたどしいのに、それを補って余りある圧倒的顔とサービス。振り付けの指差しでオタクピギャーーー!間奏の投げキッスでオタクピギャーーー!!あんなに安く連発してしまっていいのか?身を切り売りしすぎではないのか?無駄な心配をしてました。
一個悲しかったのが、曲中の台詞がなかったこと。な・ぜ・こ・の・お・れ・が\え?/の「え」の言い方がすごく大好きだっただけに聞けなくて悔しかったです。
ラストが白井さん。面白かった!面白かった!曲が元々キャラに沿った所謂キャラソンというような曲で、それを楽しくエンターテイメントとして見せてくれたな、って印象。申し訳ないけど、ずっと本気で爆笑してたし、多分笑うのが正解だったと思ってる。
サビの珍妙なダンスは私の中で流行りに流行ってます。思い出すだけで暖かい気持ちになるから、しらいむちゃんすごい。頑張れ今年度三十路!!!同い年の星!!!

◼︎銭湯トーク
白井さんのソロ終わりで他の4人のメンバーが銭湯セットに乗せられて登場。
白井さんも中に入ろうとするんだけど、弄られ続けて入れない。やっと中に入ろうとして、上着を脱いだときに観客からキャーと黄色い歓声があがって、「白井さんアイドルっぽい!」ってなんかドキドキした。

◼︎ラブメイキング
1回全員はけたら、ビジョンで変身シーンが流れて、もしやと思ったらバトルラヴァーズの衣装でステージ上の上段より登場!シルエットが見えた瞬間のオタクの叫び声が凄かったです。
でも、半ズボンチームは長スボンに衣装がアレンジされてました。短パンの増田楽しみにしてたんですけど!?!?事務所NGですか???本人NGですか???
お尻のとこにメンカラーのクッション?みたいな詰め物が入ってて、上着のお尻のとこの裾が綺麗にふわってなる仕様なのがすごく可愛かったし、凝ってるなって思いました。
登場したらそのまま口上と決めポーズだったんですが、硫黄たんはなんかピエロみたいなアニメ絵で見てもちょっと、あれ?っていうポーズだったので、実写で見るとすげー面白かったです。
最後の全員でお尻振るところもちゃんとやってて感動しました。カッコ悪いことを全力でやってくれる人たち好きだよ。
その衣装のままJust going now‼︎、これも振り付きでした。

◼︎デュエソン
杉田さんのビデオメッセージからのデュエソン、ゆもと→2年→2年MC→3年→3年MC
杉田さんのビデオメッセージは、「別日にポニーキャニオンで撮ってます」とかぶっこんでて面白かったです。
ゆもとデュエソンのあんちゃんのセリフをオタクが叫ぶ方式だったんですが、名前のコールとかだけならまだしも、結構長いあんちゃんのセリフも叫んでる人がいて、そこまで叫ぶものなのか?と悩んでしまった。まあ楽しかったからいいけど。
2年ソングは踊る踊る。二人のダンスの力量に差はあるものの、さして気にならずとてもよい2年コンビでした。爽やかな曲調にねっとりとしたダンスとたどたどしいけど一生懸命なダンスの組み合わせがクセになる感じ。
背中合わせになった瞬間は軽率なジャニオタなんで叫んでました。背中合わせ尊い…。
ラストは3年コンビ、曲をCDで聞いているときは別に特に気にならなかった曲もライブで聴くとパフォーマンス含めてその曲の印象が更新されて、気にいるってことが度々あるけど、この曲はそんな感じでした。普段聞いてるときはありがち爽やかソングだなーって思ってましたが、生で聞いたらめっちゃ良かった…Aメロで\超絶!可愛い!こぉちゃーーん/って叫びたかったけど我慢したよ、大人だから。
ずっと上手と下手対極にいて、動くときもすれ違い続けて入れ違う二人が、終盤にステージセンターで合流する演出はとてもエモかったです。あと、人差し指と中指二本を頭に当てて決める(挨拶する?)ポーズを離れた二人が向き合ってやり合うのが…またなんかもう…
バトラバ衣装じゃなくて、制服衣装で見たかったなあ。
3年MCでは、アニメの中で由布院→鬼怒川のお姫様抱っこをやってたけど、実写はさすがに無理だよって話からじゃあ逆なら…と西山→梅原のお姫様抱っこの流れになったとき、梅原さんが結構即決で「じゃあやるか」ってなったのがなんともいえなかったです。安い!
結局持てなくて2人で床にべちゃーってなってました。この二人は本当にすごいね…。

確かこのあとのMCで、最初の顔合わせで一番仲良くできなさそうなのは増田さんだった話になりました。意外だけど、そこそこキャリアあって、若手ばかりの中に突っ込まれて、肩に力が入っていたのかな?なんて想像。増田さんは多分周りを見すぎて考えすぎて、真面目な性格だから、最初は気負い過ぎてたんですかね。2巻のリリイベのとき、他の二人が何も話せなくなったとき、増田さんがずっと自分から話してたって話を人から聞いたときに、その場を盛り上げようと必死だったんだろうなあと思いました。そうゆうところめっちゃ推せる。頑張りすぎて空回ってるとことか、滑ってるとことか、マジレッサーなとことか超推せる!頑張れ増田!みんな増田が頑張ってるの知ってるから!

◼︎絶対無敵☆fallin'love☆
バトラバ衣装で歌って踊るこの曲は、アイドルのデビュー曲披露を見ているようで良かったです。
2回目なのでオタクの合いの手もとても揃ってました。

◼︎アンコール
上だけライブTに着替えて登場。Tシャツがメンバーカラーのラインストーンでデコられてて、「これ嵐で見たことあるやつ!!!」って興奮。
確かここでバトラバ衣装の話をしてたんだけど、靴がヒールになってるんですよ〜って話でヒールを見せてくれて初めてヒールを履いてることに気付きました。Tシャツ、ツルツルパンツ、ヒールっていうアンバランスさがすごかったんですが、全身バトラバ衣装の時は全然違和感なかったからすごい。
挨拶してるとなんだか変な間があって、みんな感慨深そうでした、特に和臣さんと白井さんは、私の目からは込み上げているように見えました。
最後にJust going now‼︎を歌ってラブライブは終了でした。


とにかく楽しくて、苦手なオールスタンディングもそんなに苦じゃなかったです。
5人それぞれにいろんな個性があって、誰を推しても推し甲斐のあるユニット(?)だと思いました。
白井さんの口から「二期」という単語が出てきましたが、オタクの私に出来ることは円盤を購入することで、少しでも二期の可能性と今後の展開の可能性を上げることだけだなと思いました。夏のイベントに向けて、今後の展開に向けて、円盤購入を強く決意した1日でした。
夏のイベントも楽しみにしてます!寺島出るし!!!