読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白井悠介が迷宮入り

『声優男子ですが…?』AGFスペシャルステージを見てきました。
白井さんを現場で見ると「ブログ書かなきゃ!」って思ってしまう病気にかかってるんですが、今回のイベントは後日放送が決まってるということで、イベントレポートというよりはイベントを見ながら白井さんについて思ったことをつらつらーっと書いていきたいと思います。まあいつもそんな感じですが…。

イベント全体の流れは以下のとおりでした。
・自己紹介
・梅原さんのVTR
・名シーンセレクション
・スタッフ、梅原さんからのタレコミ
・第11回の先出しVTR
・オリジナルキャラ朗読劇
・フリーイケメンソン乱入
・最後の挨拶


このイベントの白井さんを一言で表すと「リアル」って言葉が当てはまるなと思いました。すごいリアルな白井さんが見られたんじゃないかな?と。
そう思った要因は、おそらくこの声優男子ですが…?という番組が約1年前という白井さんがまだあまり多くの人に知られていないころからやっている番組であり、またこの1年間で多くの時間を過ごしている防衛部のメンバー(特に仲の良い和臣さんと、個人的にすごい白井さんに懐いてるなと思ってる梅原さん)と一緒にやっている番組であり、その他のメンバーも1学年上の小林さんがいたり11個下の本城さんがいたりキャリアも人それぞれですがそんな違いをあまり感じさせないみなさんの仲良し感や一緒に番組を盛り上げていこうという一致団結感が感じられる現場だからこそ、白井さんもすごくリラックスしてこの現場にいられるのかな、と思いました。

なんか今日の白井さんすごいリアルだな、と最初に感じたのは、名シーンセレクションで一番最初に放送された自己紹介映像が出てきた時でした。
白井さんの自己紹介のときに披露した特技は、「トリコの冒頭ナレーションのモノマネ」だったのですが、1年前の自分の映像が流れた瞬間、ステージ上手で客席側を向いて立っていた白井さんが恥ずかしそうに「うわ〜」と客席背を向けたんです。その瞬間、「あ、この人過去の自分のちょけてる映像見て恥ずかしがる人なんだ…」ってちょっと驚きました。
ちなみにこの自分の過去映像を恥ずかしがって後ろを向く動きはイベント中何度か見られました。
このイベント中も、白井さんは『おしゃべりムードメーカー』(番組内での白井さんのキャッチフレーズ)として、「おしゃべりムードメーカーの白井悠介だよお!!」と変な動きをしながら自己紹介をしたり、楽屋でずっとやっていたという変な動き(足をガニ股にして、両手を上下にジタバタさせる)を他のメンバーに振られてやっていたり、いつもの通りサービス精神が旺盛な白井さんだったのですが、なんか自分の過去映像を見て恥ずかしがる姿がなんだか妙にリアルで意外な一面を見た気がしました。

このイベントでは、先ほど書いたとおり仲の良い山本和臣さんがいたこともあり、白井さんのプライベートな暴露話(と言っていいのか?)がちょこちょこ話されていたのもなんだかリアルだな、と思った一因かもしれません。
声優男子メンバーはこの1年で仲良くなったね、という話から山本さんのおうちで行われた鑑賞会とその後別の機会に開催されたぽんちゃんの誕生会(2回目、とみんなに呼ばれてました)の話になったのですが、この1回目の鑑賞会のとき白井さんは遅刻したそうでみんなで駅まで迎えに行った時の白井さんの待ち方が気持ち悪かったそうです。実演してくれたのですが右足を左足の前に出してクロスさせて、左足に体重を乗せて携帯を見る…というちょっと気取ったような態度で確かにちょっとあれで待たれてると思うと気持ち悪かったです。褒めてます。
そして、2回目の本城さんの誕生会については、「こう(河本さん)が色々料理作ってくれたよね〜」と会話に参加していたのですが、和臣さんに「オイ!ドタキャン!!」と体を押しのけられながらドタキャンを暴露されていました。
1回目遅刻で2回目ドタキャンって白井さんって…ちょっとゆる………それだけ声優男子メンバーとは気の置けない関係ということですね。

また、『ビブリオバトル』という各メンバーが本を紹介するコーナーがあるのですが、白井さんはそのコーナーで紹介する本を前日に読んだことをまたまた和臣さんにバラされていて、「いや!前日に改めて読み返したってことですよ!」と焦って言い訳してたのがまたリアルでした。焦って言い訳してるのに、和臣さんは畳み掛けるように「前日の夜にLINEで『まだ読み終わってない〜』とか送ってきたじゃん!」と暴露を続け、客席は爆笑に包まれました。
仕事に必要な本を前日に読むって白井さんやっぱりゆる………大らかな方ですね。


リアルリアル言ってきましたが、とはいえやはりイベントにおける白井さんの振る舞いはすごく良くて、私がすごく好きな白井さんだな、と思ったのが白井さんはずっとマイクをずっと口の前に持っているんですよね。他のメンバーが話す時、「うんうん」とか「そうだね〜」とか相槌を入れていて、話している側もそうやって反応あったほうが話しやすいのではないかな?って思いました。白井さんファンも白井さんの声が聞けますしね。フリーイケメンソンの先輩2人の意味不明な話(前野さん談)の最中、みんなポカーンとしてる中、一人「うんうん」とリアクションを取っているのも印象的でした。
あと、前述のとおりおしゃべりムードメーカーな一面も見られて、きちんと客席を楽しませてくれるその姿に、私も楽しませてもらいました!


声優男子ですが…?は収録時の楽屋にもずっとカメラが回されているそうで、また、和臣さんの家で開かれた1回目2回目の集まりについてもスタッフさんにその話をしたところ「カメラ回したかった〜」と言われたそうで、かなりメンバー同士の素の部分が見られる番組であり、今回のイベントも楽屋で話している雰囲気そのままにみんなステージ上で話していたのではないかな?と思いました。
今回のイベントは、そんなリアルな素に近いゆるい白井さん(と、勝手に私が思ってるだけですが)、おしゃべりムードメーカーである白井さん、プロ声優である白井さん(朗読劇のしろーカッコよかった!)と、色んな白井さんを見ることが出来て、見終わった後、正直私の中の白井さん像が迷宮入りしてました。

こうやって見れば見る程、新たな一面を見せてくれる白井さん、これだから白井さんを見ることはやめられないな!と思ったイベントでした。
次はMマスファスライ楽しみにしてます。